阿理山烏龍茶 - 冬
c0029559_1612357.jpg

3時のおやつに冷え冷えの”くずきり”と去年の冬の”阿理山烏龍茶”

今日は朝から晴天でちょっぴり暑い陽気。
まだ家事の途中ですが、とりあえずお茶休憩です。

4月、5月は中国茶も新茶の季節です。
先日、阿理山烏龍茶の新茶を飲みましたが、香り高く味もしっかりとしていました。春茶は普通どちらかと言うと軽い爽やかな味わいになるそうなのですが、今年の台湾は寒い日が続いたそうで春茶だけれど味に深みのある阿理山茶になったとか。
新茶には一服した人に活力を与えてくれるような気がします。これから夏に向けてぐんぐん育っていくエネルギーを溜め込んでいるのでしょうね。お茶に限らず5月の新緑は格別に美しいものです。
とはいえ、ほっと一息つきたい3時の休憩には、味香りともに落ち着いた冬の阿理山がちょうどいい。このままお昼寝したいです。
淹れる人にもよるのだろうけど、私の場合一煎目は雑味が強く感じられるけれど、二煎目からは、ちょと茶通で茶葉を上下かき混ぜて淹れるととっても美味しく入りました。
只今、四煎目・・・。
花のような甘い香り(でも甘ったるくなりすぎない)高山茶のすっきりとした味わい、それでいて時を経過したまろやかさ。お茶には色々な楽しみ方がありますね。
[PR]
by panda21-tea | 2005-05-27 16:57 |        -中国茶
<< 九曲紅梅 - 時には着物で茶芸... 宮内庁三の丸尚蔵館 >>