桃花節
c0029559_16362653.jpg


今日は桃の節句-女er節-女の子のお祭りです!
なので、中国語サロンの帰り、旦那の分と自分の分+3時のおやつに一人で食べる分の計3個のケーキを買ってしまいました。頭に栄養を補給しないと単語覚えられないしね。

お茶は千年茶館の烏dong単叢です。
ハーブのようなスーッとした爽快感のあるお茶でした。苦味渋みも調度良くて、とってもすっきりしていて美味しいです。

ひばりちゃんで淹れるとちょっとスーッとした感じが弱まる分、甘味を感じてまろやかになりますが、磁器のマグカップだと本当にハーブティーのように感じました。

ちなみに、お茶を淹れるときはいつもなんとな~くな感と香の立ち具合で淹れているのですが、今日はタイマーで計って淹れてみました。1煎目50秒、2煎目30秒、お湯はぐらぐら沸騰した常態にして、茶器もこの季節とても冷えているので、外から触っても熱く感じるぐらいまで温めました。

で、結果はうーむ・・・な感じです。香、味とも悪くないけど良くもない。ぼやっとしてる。
このお茶は購入してから何度も淹れているけど、適当に淹れたときのほうが美味しいかも。
次回またチャレンジです。
[PR]
by panda21-tea | 2006-03-03 16:51 |        -中国茶
<< 茶語のスウィーツ 木柵鉄観音 >>