中国語サロンで中国茶
c0029559_16433370.jpg


今日は中国語サロンに茶道具を持ち込んで、
先生と二人でお茶を飲みながらの授業です。
(写真は我が家:持っていく道具を準備している最中)

前回の授業で、お茶の味の説明を中国語でなんて表現すればいいかを教えてもらっていたのですが、この際なのでいろんなお茶を飲みつつ遊びながら勉強してはどうかと提案。今日はさっそくお茶持参です。電気ポットも持っていきました。

お茶の表現は中国でもお茶の世界独特の言い回しがあるのかもしれませんが、今回は一般の中国の人が誰でも分かる表現を勉強。

先生の故郷ではお茶を飲むことが少ないらしく、どのお茶も驚きながら味わってくれたので、私としても嬉しい限り(・ω・)ノ 。

今回持っていったお茶は、獅峰龍井(去年の春)、阿理山烏龍、安渓鉄観音、木柵鉄観音の4種類。とりあえず初めにミニ蓋碗で龍井茶。さすがにフレッシュさは薄れてますが、もとがよかったので甘味と滋味はそのまま。先生も喜んでくれました。蓋碗の飲み方も面白かったようです。

時間の都合で、あと一種類しか入れられなかったので、残りのお茶から先生に選んでもらいました。選ばれたのは阿理山烏龍茶。
台湾茶は初めて飲んだようでこちらも好評でした(*⌒ヮ⌒*)。
テキストとにらめっこする授業でもいいけど、たまには、実際に動作しながら学ぶのもいいですね。
[PR]
by panda21-tea | 2006-04-21 17:03 | その他
<< お茶のみ記録とそのほか気ままに... ひばりちゃんと豆腐の煮込み >>