カテゴリ:美術館&博物館( 8 )
前衛の女性 1950-1975
c0029559_22181248.jpg
場所:栃木県立美術館

期間:7月24日(日)-9月11日(日)

今日は短大時代の恩師のお誘いで『前衛の女性1950-1975』に行ってきました。現代でもまだまだ女性アーティストの認知度や理解度はとても低いそうで、正直なところ私も知らないアーティストばかりでした。

展示室に入ってすぐに桂ユキ子(ゆき)さんの『人と魚』という衝撃的な絵が飾られていました。コミカルな人の顔とリアルな魚の絵が不思議な空間を作り上げています。

1950年と言えば、まだ私の母も生まれていない時代(私の母は1953年生まれ)です。祖母は看護婦から某大学の保険医だったのですが、そんな祖母が働き盛りの時代です。当時祖母は親戚や友人から「働かなければいけないなんて可哀想ね」と同情されたそうです。そんな女性が一般的だった時代から25年後の時代のアートってどんなのだろう?と興味津々だった私。

46作家による平面、立体、映像、約220点で構成された展示はどれも人間の内面的なものをぶつけたような、あらゆる制約を取り払って自分の内面から湧き上がってくるものをキャンバスに写し取ったような抽象画でした。グロテスクささえ感じてしまいました。19世紀末から20世紀初、20世紀初から20世紀中頃、アートは形式的な”美”から自己表現や自己主張の手段になって行ったように思います。

展示を見た後は長野千秋監督の「ある若者たち」の上映会
オノ・ヨーコさんや彼女の2度目の旦那様トニー・コックスも参加していた前衛芸術家集団”ゼロ次元”の、世間に疑心を訴えかける街頭パフォーマンス(芸術活動)を”幸せなら手をたたこう♪♪”の明るいメロディーと共に世間の人々の幸せそうな風景と対比させた映像でした。オノ・ヨーコさんが木陰でトニーと一緒に”朝陽”を売っている光景が印象的でした。

その後約2時間のシンポジュウム・・・。難しいことは分からないので討論会をおとなしく聞いておりました。私の前の席の人の背が高くて前のぜんぜん見えなかった私。見える位置に体をずらしつつも、「後ろの方の邪魔になってないかしら?」と心配していたのですが、なんと私の後ろに座っていらっしゃったのは出光真子さんでした!Σ(>o<;)
[PR]
by panda21-tea | 2005-08-07 23:30 | 美術館&博物館
Dresden「世界の鏡」-国立西洋美術館
c0029559_834076.jpg
期 間:6/28(火)-9/19(月)
場 所:JR上野駅公園口から徒歩1分

前々から欲しかったぐるっとパス2005をようやく買いました。有効期限2ヶ月ですが、この8月、9月は見たい展示がいろいろあります。

遅ればせながら、先日の日曜日に旦那様と二人で国立西洋美術館のDresden「世界の鏡」展へ行ってきました。ドイツ連邦共和国ザクセン州の州都ドレスデンはドイツの東端に位置し、近くには陶磁器で有名なマイセンがあります。16世紀、ザクセン選帝侯アウグストの美術収集に始まり、この地にはその時代時代を反映した様々な美術品が集まるようになりました。これらの収集品はドレスデン国立美術館に収蔵され、今回はそのうち約200点が「世界の鏡」展として兵庫県と東京で展示されています。

展示室に入ってすぐに16-17世紀に製作された天球儀や地球儀があります。地球儀をじっくり見ていたおば様の集団。私もそうだけど、つい日本を探してしまいます。ありました!日本!


16世紀中頃から後半はトルコ・オスマン帝国が圧倒的な軍事力でヨーロッパにも猛威を振るっていた時代。ドレスデンにはオスマン製の装飾品が数多く集まったようです。金細工とトルコ石やルビーがちりばめられた美しい短刀、馬装具、など贅を凝らした品が多数展示されています。

15世紀末から16世紀はイタリアでルネサンス芸術の最盛期(レオナルド・ダヴィンチのモナリザが製作された時期)-今回の展示ではティツィアーノの「白いドレスの女性の肖像」

17世紀後半から18世紀初めフリードリヒ・アウグスト1世はフランスの宮廷文化への憧れか、太陽王ルイ14世(1682年にベルサイユ宮殿を建設)の像に模した構図の自分の像を作らせます。彼のコレクションのダイヤモンドが凄いです。アウグスト1世のダイヤモンドコレクションに匹敵できるのはルイ14世のダイヤモンドコレクションぐらいだそうです。

各展示室を巡ることで16世紀から19世紀までのヨーロッパで栄えた芸術を順を追って見ていけるので、当時の流行や風景などまさに鏡のように反映されていてとても面白い展示でした。

それから器好きにはたまらないのがマイセンの磁器!マイセンが模した有田焼や中国磁器の現物と交互に並べられていて、精密に模しているようでもちょっと違う・・・そのヨーロッパ的な”ちょっと違う”がとっても興味深いです。改めて中国磁器のよさも再認識。

レンブラントの「ガニュメデスの誘拐」も迫力がありましたよ!

ちなみにうちの旦那様の一言・・・「あきた・・・」。( ̄□ ̄;)!!
[PR]
by panda21-tea | 2005-08-03 10:08 | 美術館&博物館
宮内庁三の丸尚蔵館
c0029559_20435167.jpg


JR東京駅 丸の内北口から徒歩10分 
地下鉄大手町駅 出口C13B 徒歩5分
(皇居東御苑内 大手門を入ってすぐそば)

『雅楽』-伝統とその意匠日-
期   間:2005年4月16日(土)~7月10日(日)まで
入 館 料:無料 
入館時間:午前9時から午後4時まで
休   館:月、金(詳しくは宮内庁HPc0029559_20423353.jpg
c0029559_20475360.jpg
入館の際、東御苑の大手門を抜けて受付で入場票と書かれたカードが渡されます。
帰りにそのカードを受付で返すシステムです。

展示規模としてはワンフロアーでそれほど大きくありませんが、普段見ることの出来ない雅楽の衣装や面、絵巻、楽器などが展示されていてとても面白い企画です。中国には七弦琴(琴=キン*コトではないですよ)という楽器が古くからありますが、ここには和琴と称された六弦の琴がありました。製作年代は江戸時代。先日、パート先のお客様から和琴のお話を聞いたのですが(この展示のこともこのお方から教えてもらいました)、イメージしていたものよりもサイズが大きくて驚きでした。七弦琴よりも長さも幅もあります。和琴の手前に筝(13弦)が展示されていましたが、こちらと同じくらいの長さでした。それから雅楽の衣装も刺繍がすばらしい!胡蝶や迦稜頻(カリョウビン:鳥)の刺繍が見事でした。

三の丸尚蔵館は皇居の東御苑内にあるので、苑内の季節の花を楽しみながら散歩することもできます。半日楽しめる場所ですね。
[PR]
by panda21-tea | 2005-04-17 21:06 | 美術館&博物館
根津美術館-Nezu Institute of Fine Arts
東京メトロ銀座線 表参道駅 出口A5から徒歩8分

『華やかなうつわたち -伊万里・柿右衛門・鍋島-』展
期間:2005年1月8日(土)~2月13日(日)まで

c0029559_15415780.jpg


展示タイトルの通り、華やかな器たちが展示されていました。
おもに1610年頃から1700年(江戸時代)の器です。
1600年初頭から1700年の約百年間の器の変化も面白い見所です。
繊細な伊万里、優しい色調の鍋島、華やかな柿右衛門、力強くダイナミックな九谷焼きの大皿もありました。器に興味の無い方でも、器に描かれた模様を見るのも楽しいですね。私は帰りに思わず焼き物の本を買ってしまいました。

本からの抜粋ですが、江戸時代は有田焼も伊万里もどちらも伊万里港から輸出していたため、「IMARI」と呼ばれていたそうです。明治になって、佐賀県西松浦郡有田町で作成された器を”有田焼”、有田のすぐそば伊万里市の窯で作成された器を伊万里焼と分けて呼ぶようになりました。現在有田磁器の伝統を伝える国の重要無形文化財保持団体の窯は有田町にある今右衛門窯(鍋島様式)と柿右衛門窯(柿右衛門様式)です。

このところ、全国で市町村合併の話が出ていますが、この伊万里市と西松浦にもあるようですね。

・根津美術館には他にも通常展示として掛け軸や茶道具もあります。今は茶入れの展示がされていました。
[PR]
by panda21-tea | 2005-01-24 16:12 | 美術館&博物館
出光美術館-IDEMITSU MUSEUM OF ARTS
*帝劇ビル9階にある出光美術館はJR有楽町駅の国際フォーラム口から出て、皇居の方に真っ直ぐ徒歩5分で着きます。(5分かからないかも)

『源氏絵』展 
(期間:2005年1月8日から3月6日まで)
c0029559_2375270.jpg

平安時代の女流作家 紫式部によって書かれた源氏物語は有名ですね。その源氏物語にまつわる源氏絵が描かれた平安期の絵巻や室町期、江戸期の屏風が展示されています。とくに桃山期の土佐派絵師、土佐光吉の描く五十四帖屏風は、物語に出てくる主要な女性たちとの12の場面が描かれていて圧巻です。桐壺、藤壺、葵、紫の上、夕顔・・・と知っている名前が屏風に描かれた場面ごとに記されています。源氏物語をなんとなくしか分からない私でも楽しむ事ができました。(´・ω・`){知識不足でごめんなさい・・・
それから、江戸期に漆塗りに金箔と贅を凝らして作られた源氏蒔絵の小箱や重箱もすばらしかったです。江戸時代の貴族や上流階級の武士の間で嫁入り道具として誂えたそうです。そういえば、私がひで坊と入籍したとき、ひなのまひと様から”初音”という漆塗りのとても綺麗な小箱をいただきました。箱の説明書きには「三代将軍家光の長女千代姫が。尾張徳川にわずか三歳で嫁いだ寛永時代、その嫁入り道具は江戸幕府の権威と財力を象徴するような贅をきわめ~その蒔絵の嫁入り道具一式を”初音の調度”と呼ばれていた」と書かれていました。初音の調度の初音は源氏物語の”初音”の帖が由来だそうです。「年月をまつにひかれてふる人に今日鴬の初音きかせよ」の歌意を全体の意匠とし、その歌の文字を葦手書きに散らしているところから発しています。ちなみに私が頂いた初音の小箱は六条院にあった紫上(藤壺の姪で光源氏が理想の女性に育て妻にした姫)の寝殿造りの屋敷とその庭先の水の流れが描かれています。
*注意:今回の展示に千代姫の”初音の調度”はありません。
[PR]
by panda21-tea | 2005-01-17 00:00 | 美術館&博物館
相田みつを美術館-AIDAMITSUO MUSEUM
場所:東京国際フォーラムガラス棟地下1階 有楽町駅から徒歩3分
企画展『にんげんだもの』は1月16日(日)で最終
c0029559_04962.jpg


「書家になるよりも佛さまの教えをこどもでもわかるような簡単な言葉で書き続けることにした」という相田みつをの書はひとつひとつが本当に素直に心に響いてきます。相田みつをというと、あの独特のやさしい素朴な字体を思い起こしてしまいますが、書家として書かれた”書”も展示されていました。でもやはり記憶に残るのは、”ことば”そのものと、ことばの意味を補うような独特の書体です。

私とひで坊がふたりでお気に入りになった言葉は

    しあわせは
    いつも
    じぶんの
    こころが
    きめる
             みつを

という文章です。 幸か不幸かは自分の気持ち次第・・・ならばいつでも幸せでありたいですね。相田みつをの沢山の書を読んでいると生きてく力が湧いてきます。それも、肩肘張らず等身大の生きてく力です。すべては 「にんげんだもの」という言葉に集約されている気がします。 
[PR]
by panda21-tea | 2005-01-17 00:00 | 美術館&博物館
ぐるっとパス
c0029559_21434930.jpg


ぐるっとパス2004を購入しました。
東京都内の美術館や博物館、動物園など44施設の入場券または、割引券が綴られたものです。パスは1冊2000円とお買い得。上野周辺の美術館や博物館の常設展はほぼこのパスで入れます。企画展は割引になります。ブリヂストン美術館や出光美術館などは常設展と企画展両方入れます。ただし、パスには有効期限があって、初めて使用した日から2ヶ月間しか使えません。詳細はこちら 
*ぐるっとパス2004の販売は1月末まで。2005が発売されるかは分かりません。

ジャスミンはこの44枚のチケットの束をペラペラめくって眺めているだけでも
楽しいのです(・ω・)ノ。 
[PR]
by panda21-tea | 2005-01-16 21:51 | 美術館&博物館
童謡詩人 金子みすず展
銀座松屋の8階で金子みすずの展示会が開催中でした。
(展示期間:2005年1月17日 月曜日まで)
c0029559_8182912.jpg
何年も前に、書店で本の帯に書かれていた
「みんなちがって みんないい」
そのフレーズに惹かれてみすずの詩集を購入した事がありました。ドラマや映画にもなっていますね。2001年にはTBSの創立50周年記念で「明るいほうへ明るいほうへ」というタイトルでみすずの生涯がドラマ化されました。(主演:松たか子)

みすずの詩はまるで幼い子供のひらめきで綴られたような詩です。

『わたしと小鳥とすずと』

 わたしが両手をひろげても、
 お空はちっともとべないが、
 とべる小鳥はわたしのように、
 地面(じべた)をはやくは走れない。

 わたしがからだをゆすっても、
 きれいな音はでないけど、
 あの鳴るすずはわたしのように
 たくさんなうたは知らないよ。

 すずと、小鳥と、それからわたし、
 みんなちがって、みんないい。

幼い子供の観察力は既成観念に囚われない分、時として大人以上の観察力があるけれど、みすずは、大人としての知性と子供の純粋さを兼ね備えて詩作をしていたように思えます。学校の成績は優秀、でも木登りして親に怒られたり、草花に自分好きに名前をつけたりと、たくさん綴られた詩を読んでいるうちにみすずの人柄に惹かれていきます。
その反面、ときどき”寂しい詩”が登場し、やまだかまちのような心の奥に潜む闇のようなものを垣間見る事があります。そんなみすずの詩を読み終えた後、自分の周りの人々や自然がとても愛しくなりますよ。

今回の展示は、みすずの生涯をパネルで紹介。弟、正祐との直筆の手紙、みすずが着ていた着物などもありました。
[PR]
by panda21-tea | 2005-01-11 20:56 | 美術館&博物館