<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
宮内庁三の丸尚蔵館
c0029559_20435167.jpg


JR東京駅 丸の内北口から徒歩10分 
地下鉄大手町駅 出口C13B 徒歩5分
(皇居東御苑内 大手門を入ってすぐそば)

『雅楽』-伝統とその意匠日-
期   間:2005年4月16日(土)~7月10日(日)まで
入 館 料:無料 
入館時間:午前9時から午後4時まで
休   館:月、金(詳しくは宮内庁HPc0029559_20423353.jpg
c0029559_20475360.jpg
入館の際、東御苑の大手門を抜けて受付で入場票と書かれたカードが渡されます。
帰りにそのカードを受付で返すシステムです。

展示規模としてはワンフロアーでそれほど大きくありませんが、普段見ることの出来ない雅楽の衣装や面、絵巻、楽器などが展示されていてとても面白い企画です。中国には七弦琴(琴=キン*コトではないですよ)という楽器が古くからありますが、ここには和琴と称された六弦の琴がありました。製作年代は江戸時代。先日、パート先のお客様から和琴のお話を聞いたのですが(この展示のこともこのお方から教えてもらいました)、イメージしていたものよりもサイズが大きくて驚きでした。七弦琴よりも長さも幅もあります。和琴の手前に筝(13弦)が展示されていましたが、こちらと同じくらいの長さでした。それから雅楽の衣装も刺繍がすばらしい!胡蝶や迦稜頻(カリョウビン:鳥)の刺繍が見事でした。

三の丸尚蔵館は皇居の東御苑内にあるので、苑内の季節の花を楽しみながら散歩することもできます。半日楽しめる場所ですね。
[PR]
by panda21-tea | 2005-04-17 21:06 | 美術館&博物館