<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
自宅でお煎茶のお稽古
c0029559_2133622.jpg

この写真を見て、煎茶の世界の人なら「なんじゃこりゃ?」と失笑してしまうかもしれませんね。

今年の秋から煎茶のお稽古に通いだし、先月はついに大盆手前を教えていただいたので、忘れてしまわぬように自宅でもお稽古をしました。
でも、煎茶のお道具を持っていないので、家にあるあらゆるもので代用です。

急須は先日岩茶用に購入したばかりの中国茶の急須。
茶碗も中国茶用のもの。後は、以下の通りです。

建水→茶海
茶巾筒→聞香杯。
茶合→中国茶用の茶荷
茶箸→竹串
盆巾筒→日本茶ようの片口
托子→漆塗りの箸置き皿
茶心壷→小さめの茶筒

体で動作を覚えるってけっこう大変です。
[PR]
by panda21-tea | 2005-12-17 21:14 | お家でお茶-日本茶
熱い一杯の幸せ
c0029559_11202044.jpg


ほんの10分間程度だけど、
このひと時が至福の時間です。
c0029559_11211142.jpg


春風秋月:観音王とミニ急須
[PR]
by panda21-tea | 2005-12-12 11:21 |        -中国茶
名前はどうしよう~
先月、変色したこの子の写真を購入先の店員さんたち(とっても親しい人々)に見せてみました。(苦情を言いに行ったわけではありません。変色の原因を知っているか?そして今後この子がどうなってしまうのか?を純粋に聞きたかっただけです)。で、写真を見せたらみんな爆笑・・・。いつもお茶の味をすばらしい例えで表現してくれるスタッフのGさんは、「色白美人なねぇちゃんと一晩一緒に寝て、朝起きて顔見たら薄っすらひげが生えてて”男( ̄□ ̄;)!! ?!”って思うくらいびびるねぇ」・・・。

まったくもってその通りです。

ちなみに、店の人もこんなケースは初めてでだそうで原因は不明でした。他のお客さんで同じ茶壷を買った人が店に養壷したものを持ってきてくれましたが、別段異常は無かったそうです。

私としては楽しんでこの子を育てることにしました。それにしても名前が決まりません。
今日は烏dong単叢蜜蘭香を何煎か淹れた後に、茶壷に熱湯が入った状態で布巾で磨いてみました。購入から約2ケ月が経過しましたが、だんだん全体的に黒ずんできました。
<写真は2005年12月9日現在の常態>
c0029559_17332099.jpg
c0029559_17333573.jpg

c0029559_17334434.jpg

c0029559_17335321.jpg


磨いていたら、なんとなく黒い部分が増えた感じがしたので、”熱で変化してるのか”と仮定を立てた私は、20分間弱火でコトコトにて見ました↓
c0029559_17351213.jpg

煮た後は、また布巾で丁寧に磨いていきました。
c0029559_17353668.jpg

白っぽい部分が綺麗になったような気がしますが、特に変化は無いですね。
[PR]
by panda21-tea | 2005-12-09 17:44 | 段泥石瓢壺